福島県の小採 小論文

平成31年度福島県の小学校教員採用試験では、第2次選考試験で、小論文が実施されます(実施要領)。

評価方法は、採点者3名が各50点満点で採点して、その平均点を用います。

評価の観点は、以下のようになっています。

  • 主題や課題の理解
  • 論述の仕方や視点
  • 構成
  • 表記、等

 

小論文の過去問

平成29年度と30年度の福島県公立学校教員採用候補者選考試験について、小論文のテーマが公表されているので、ご紹介します。

平成29年度における小学校の小論文テーマは、以下のとおりです。

内閣府の資料によると、「今日の子どもの基本的な生活習慣の乱れは、学習意欲や体力、気力の低下の要因の1つとして指摘されている。」とあります。
あなたは、子どもたちに望ましい生活習慣を身につけさせるために、担任として、どのように取り組んでいきますか。あなたの考えを1,000字以内で具体的に書きなさい。
(50 分)

平成30年度における小学校の小論文テーマは、以下のとおりです。

防災は、生活安全・交通安全を含め、安全・危機管理の基本です。自分(たち)のことは自分(たち)で守る。つまり、自分自身で危機を予測したり、危険を避けるための判断に基づいて行動したりすることは、すべての安全についても共通です。
このことから、あなたは、「防災への意識を高め、安全な行動ができる子ども」を育てるた め に 、 担 任 と し て ど の よ う に 防 災 教 育 に 取 り 組 ん で い き ま す か 。 あ な た の 考 え を
1,000字程度で述べなさい。(50 分)

 

Visited 4 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事